YORI *未知 ダイアログ ~Viva La Unica~

 まずは、点から・・・。 日々の戯言、詩、旅行記、フォトギャラリー。

#44 That day Ep2. ~暗号解読~

f:id:vegana:20170218135903j:plain

 

それは流星のごとく

人生を一瞬ですり抜けた

 

覚悟なんて間に合わず

こんなアドリブ望んでないよと

 

電話の向こうでうごめく

彼のコトバはしばらく宙を舞って

 

幾度もその暗号を反芻しては

理解する寸前で足止めくらい

 

そろそろ小芝居はやめようと

冷静が現実に引き戻した

 

“彼 女 ガ 死 ン ダ”

 

暗号は

体中の血流と混ざって駆け巡り

 

鼓動は大袈裟に振舞って

思考は南京錠で閉ざされる始末

 

“彼 女 ガ 死 ン ダ”

 

そろそろ咀嚼した暗号を

理解の粒として摂取する覚悟をし

 

巻き戻すことをあきらめて

鉛色の冬空に無声でつぶやいた

 

“彼 女 ガ 死 ン ダ”

 

耳奥で響きこだまする現実は

あまりに現実味に欠けていて

 

運命の演出を憎む間もなく

人生の儚さを悟ったふりをした

 

“彼 女 ガ 死 ン ダ”

 

この感情を必死に検索するも

かつて味わったことのない新種のそれで

 

急に生きることが億劫に感じ

置き場所に困った無数の後悔

 

“彼 女 ガ 死 ン ダ”

 

全て消化吸収されるまでに

途方に暮れる距離を心は行き来し

 

やっと鎖から解き放たれた今

暗号解読インプット完了

 

“彼 女 ガ 死 ン ダ”

 

命は最後に宙で点滅し

まぶたの裏には自責の烙印

 

喪失の海原に呆然と佇み

悔恨が足元に降り積もる

 

 

 Photo@Mexico(メキシコ、San miguel de allende)