YORI *未知 ダイアログ ~Viva La Unica~

 まずは、点から・・・。 日々の戯言、詩、旅行記、フォトギャラリー。

My Poetry(コトバアソビ)

#60【詩】 愛の詩 -3. Autumn-

気づけば茜色の空に 酔いしれていた 地平線を溶かすほどの 一途なソレは 確かな実りや手ごたえが ないとしても 確信する、この瞬間は 永遠に色褪せない、と 掻き消されねよう 必死に焼きつけて 記憶の海にそっと 浮かばせる、ソレを 幻でも構わないから、 今…

#56 【詩】Be with

"今"が波をすべって、 夕陽の中に溶け込めば、 明日、より一層輝く。 誰かから零れ落ちた 愛する勇気を拾い集めたら、 いつの間にか海のように あの人の心は深く満たされる。 風に合図を託して 寄り添うことを約束したら、 昼と夜は境目を溶かして 見たこと…

#54 【詩】愛の詩 -2. Summer-

いつかの太陽も地面を焦がすほどに じりじりと熱を放っていた あの日、君が何気なく渡してくれた言葉は 僕の中に渦巻くある種の感情を高ぶらせた 勘違いとか気のせいとか思い込みとか いかようにもタグ付けすることは簡単だ しかし、いざ潮風に言葉をのせよ…

#52 【詩】love on earth

いつか終焉の鐘が鳴ると わかっているのに 愛することは やめられない これから創る世界に あなたも必要なの スケールのでかい プロポーズのように 好きの一滴が 波となって海となって 知らないあの子のもとに 打ち寄せられたら まーるい地球(ほし)は せうや…

#47 【雑記】A happy new me

さて、本日春分の日は、宇宙の元旦。 2017年、あけましておめでとうございます。 なかなか挑戦的だな、と思う近頃の采配。 2017年は世界的に変革の年だと言われている。 それは個人レベルでもそう。 いよいよ目覚め始めた感があちこちに漂う。 その新しい流…

#46【詩】IkiRu

さらされて 立ちはだかる まごう心 命の弧線 ともすれば消える めをつむって小宇宙 恐れは閃光を伴い ただ『ある』こと それ以下でもそれ以上でもない 無限のフトコロは いつだって懐かしい Photo@Mexico、Taxco(メキシコ、タスコ)

#45【詩】That day Ep3. ~透明な畏怖~

何度も何度も 傷をえぐるように 罪を血で洗うように ココロに一刺し イタイ イタクナイ イタイ 嗚咽交じりの懺悔は 漆黒の夜に霞み 行き場のないえぐみを 浄化する術など知らず イタイ イタタマレナイ イタイ 無下に刻まれていく 命の履歴 一方通行 あの日か…

#44【詩】That day Ep2. ~暗号解読~

それは流星のごとく 人生を一瞬ですり抜けた 覚悟なんて間に合わず こんなアドリブ望んでないよと 電話の向こうでうごめく 彼のコトバはしばらく宙を舞って 幾度もその暗号を反芻しては 理解する寸前で足止めくらい そろそろ小芝居はやめようと 冷静が現実に…

#43【詩】That day Ep1. ~無き殻~

混濁した意識、渦に溶けて 虚ろにつむがれた 言の葉@終着地 『細胞一つ一つにありがとうと言ってるの。』 巻き戻したい衝動は 音を無くし、はじける ひしゃげた最後の望み 無謀で果てしない 深くじれったく、儚い そんな一瞬の永遠に 身を預けて 激しく押し…

#42 【詩】Do or Not do

人生を複雑にしているのは、 行き過ぎたイマジネーション。 「今日」を蔑ろに、まるで無かったことに。 滑稽な人生劇場、虚しいリアリティ。 明日に期待を投下。 ねえ、断言できる? 当たり前のように太陽は昇るって。 悔いはない?気持ちの先送り。 誰も知…

#39【News】文芸思潮第12回現代詩賞 入選作品③『ツムギビト』

『ツムギビト』 始まりは、オギャー やさしさ添えて、ありがとう 振り絞った、ごめんなさい 勝負の前の、だいじょうぶ 夕陽を背負って、また会おう もう聞くことのない、だいすき 誰もがツムギビト 気持ちを込めれば コトバはふわりと 綿毛のように 遠く、ど…

#38【News】文芸思潮第12回現代詩賞 入選作品②『言の葉』

『言の葉』 言の葉 時にだれかを癒し 時にだれかを傷つけ 言の葉 時にあなたを励まし 時に私を慰む 言の葉 時に過去へ誘い 時に明日へ繋ぐ 言の葉 誰かはその土地のものを使い、 別の誰かは手指を巧みに操る 言の葉 あの人のそれを真似して使えば 世界の果て…

#37 【News】文芸思潮第12回現代詩賞 入選作品①『決意の谷底に』

『決意の谷底に』 長い旅の果てに 辿り着いた未開の地 今、決意の谷底に 裏庭の奥の林に こしらえた秘密基地 飛び交う鼓動の みずみずしさよ 嗚呼、あの無垢はいずこに 青いカンヴァスを 踊り遊ぶ飛行機雲 瞬き忘れるほどの 初々しさよ 嗚呼、あの無垢はいず…

#36【詩】itself

気づけばどこにも見当たらず。 遠く、遠く、地平線の向こう、太陽のなかに溶けてしまったのか。 はたまた底なしの谷底の奥深く、散り散りばらばらになったのか。 それとも深海の粟粒と混ざり合って、ブクブク空に蒸発してしまったか。 残っているのは、まっ…

#34【News】2017年元旦岩手日報 新年文芸 詩「岩手山」掲載のお知らせ

2017年1月1日 岩手日報 別刷 “文化・くらし” 新年文芸 第一席入賞 ================== 「岩手山」 三十の路で その偉大さを思い知り ふと浮かんだ 汗ほとばしる青の時代 いま腑に落ちた 溢れんばかりのやさしさ そっと見守る それはまるで…

#24【詩】In the beginning was the Word.

言の葉 時にだれかを癒し、時にだれかを傷つけ 言の葉 時にあなたを励まし、時に私を慰む 言の葉 時に昔へとタイムスリップさせ、時に明日の希望へと繋ぎ 言の葉 誰かはその土地のものを使い、 別の誰かは手や指を巧みに操る 言の葉 あの人のそれを真似して…